聞上手は好かれることが多い

私の好かれているはずだと思うことは、よく話を聞きて側に回っていることです。
これは私が10代の若い時に女友達と一緒にいた時に言われた言葉です。
自分でもびっくりするくらい女友達の話を聞いていたというので今でもはっきり覚えています。
おそらくですが普通ならば女の人は誰かに話をなるべくたくさん聞いてもらいたいのが大半です。
そのかわり相手の話をすり替えていわゆる会話泥棒をする方は大勢います。
その中で私は少し話が脱線したりトンチンカンなことを言ってしまうことはたびたびありましたが、相手の話をそのまますり替えてしまうことはしませんでした。
私自身も話を変えて相手が良いなら問題ありませんが無かったことにすることは嫌なので聞き手に回っています。
大体の人は話をし過ぎてめんどくさがられたり、関わりを持たないようにされたりと自分のことばかり話し過ぎて相手にマイナスのイメージを持たれる人は圧倒的に多いですが、相手の話をたくさん聞き過ぎてマイナスのイメージを持たれる人は聞いたことがありません。
むしろ聞いてくれたことは心地よさを感じる人が多いので印象が良くなりやすいです。
なので自分を客観的に見て分析し相手が不快に思われないようにまた一緒に話がしたいと思われるようにするために聞き手側に回っていることがほとんどです。
その努力が見てもらえたので私個人としてはやり続けて正解だったな、これからもずっとそのようにしたいなと思い日々頑張って行きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です