今の自分の見本の上司

私は現在40代で、介護の仕事は長年して、一度転職しています。今の職場に働き出したのは、14年前からです。一度は、上司にも、認められた事からと、長年の介護の経験者として部分が有ってか、役職を経験した事が有りました。私は、部下を性格の部分が有るのか、注意する事が出来無い事が、多く上司にもその部分を指導される事が、多く有りました。見かねた上司は、役職も降格処分となり、別の部署に異動処分となり、1から勉強するようにと、なりました。異動先の部署では、年齢層も更に低く、親子程の職員も多くいました。初めは、こんなに親子程の職員と働く事も、嫌と感じる事が多く有りましたが、まずは、配属先の上司がどうしているのか、を観察してみました。話し方をやさしくする。聞く事に時間をかけている、声を掛ける、事が分かり、自分も真似をして行こうと、決めました。配属先なので、仕事の分からない事をまず覚える、年齢の低い職員にも、先輩と呼んで、距離間を近く感じてもらいました、初めは「やめてください」と言っていましたが、その成果が発揮できたのか、距離間は近くなりました。他の職員の仕事、困っている時は、自分から動いて、助けて行こうと決めていたので、実行して行きました。その成果が、有ったのか、今では、又役職に復帰出来ました。職員の年齢層も更に若くなり、今でも優しく話す、距離間を近くにする、他の人の仕事も助けてあげる、を今でも継続しています。おかげで、家の外壁サイディングリフォームをすることも部下に相談できるようになりました。部下の実家がリフォーム業を営んでますので

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です